生涯役立つ資格をもつ大切さ

生活に大きな影響を及ぼすライフイベントが多い女性にとって、仕事との付き合い方をよく考えて将来設計をすることが必要です。仕事に大きな影響があるライフイベントの筆頭に上がるのが出産であり、それに伴って長い間にわたって子育てをしていくことを考慮しなければなりません。そのため、子育ての時期をどうやって過ごすのかということをまず考えることが大切です。
仕事をしたい気持ちはあるけれど、自分の子供だからこそ仕事は一度辞めて、子供が十分に育ってからまた仕事を始めたいと思う人が多いでしょう。そういった場合には、仕事をする上で生涯役立つ資格を持っておくというのが賢い選択になります。その代表的なものが、看護師資格です。看護師は新卒でも高い給料で働くことができ、最初の数年間の年収は他の業界ではなかなか太刀打ちできません。一方、その後に退職して子育てを行い、三十代あるいは四十代となって再度仕事に就くことを考えると、資格があるということは大きく有利に働きます。特に、看護師は医療や介護といった代表的な業界において慢性的に人材が不足していることから、フルタイム・パート・派遣のいずれにおいても高い需要があります。そのため、状況に応じて好きな働き方ができます。子供が学校に行き始めたらパートで働き、一人前になったらフルタイムで再就職するという働き方が可能なのです。生涯にわたって役立つ資格を持つと、仕事に柔軟に復帰できます。おすすめのサイト・・・“生涯看護師LIFE

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

固定ページ

タグ

カテゴリー

アーカイブ

メタ情報