助産師の資格をプラス

生涯看護師として働きたいと思うのであれば、看護師としての経験を積み、様々な臨床に立ち会うことが必要になります。総合病院でも個人クリニックでも専門性の高い仕事であればあるほど、他の仕事ができなくなるという制約があります。たとえば、離島などの診療所で総合的な診療に携わることになった場合は、専門性をつけるのは難しくなりますので一長一短といえます。その点、看護師にプラスして数年間余計に勉強をして助産師の資格を取得すれば、定年退職して退職することになったとしても、希少な助産師として産婦人科のクリニックや町の助産師さんとして活躍することができます。痛みや苦しみ、転移や再発、死といった悲しい環境に囲まれて時間を過ごしたとしても、助産師の場合には出産、祝福といったお祝いムードの中で働くことができ、人間というものに関して深く考えることができるようになります。
仕事を通じて生涯現役でいられることになれば、年齢に関わりなく実体験がそのまま自分の実力として残り、人間性の豊かさにもつながっていくはずです。助産師の資格を取得するのには余計に勉強して余計なお金もかかることになりますが、やりがいや生きがいを考えたときには誰もが体験することができない貴重な財産を身に着けることになります。物の見方も広がり、頑張った自分を誇りながら自信を持って仕事を続けることができるようになります。交友関係も広がるはずです。

2017年10月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

固定ページ

タグ

カテゴリー

アーカイブ

メタ情報